ハイテク&カラー 大日精化工業株式会社

文字サイズ

コーポレート・ガバナンス

当社グループは、経営の透明性及び効率性を確保し、株主の皆様をはじめとするステークホルダーの信頼をより高め、社会に貢献していくため、コーポレート・ガバナンスを整備・拡充することが、経営上の重要な課題の一つであると考えています。

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社は、当社の取締役会決議に基づき、当社の持続的な成長及び長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公平性を確保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることが最良のコーポレートガバナンスの基本であるとの認識のもとで、下記の基本的な考えに則り、コーポレートガバナンスの充実に取り組むこととしています。

  1. 株主の権利を尊重し、どの株主もその持分に応じて平等に扱い、株主間で情報その他の分野における格差が発生しないように努めることとする。
  2. 株主のみならず、当社の従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会その他のさまざまなステークホルダーの利益を考慮し、それらのステークホルダーと適切に協働する。
  3. 会社情報を適切に開示することとし、常に透明性を確保することとする。
  4. 独立社外取締役が、当社の取締役会のみならず、社外役員を主要な構成員とする諮問委員会、社外役員全員で構成される社外役員連絡会を通じて、当社業務執行の監督機能を実効化する。
  5. 上記1に配慮しながら、株主との間で、積極的・建設的な対話の機会を持つ。

コーポレート・ガバナンス体制

当社グループの経営体制は下図の通りです。

コーポレート・ガバナンス体制図
コーポレート・ガバナンス体制図
  • ※1 社外役員連絡会:社外取締役、社外監査役全員からなり、当社グループの経営、監督に関する特定情報について共有する場として、社外役員が独立した立場で情報交換を行っています。
  • ※2 諮問委員会:社外取締役、社外監査役、代表取締役社長からなり、取締役会の運用評価や取締役を評価するにあたり、第三者である社外役員と率直に意見交換する場として代表取締役社長が招集し、評価の透明性、客観性を確保しています。
  • ※3 常務会:グループ全体の基本戦略の検討、考案の場として、経営トップ及び関係する取締役の参加により適宜開催しています。
  • ※4 内部監査室:業務に精通し、高度な専門知識を持ったスタッフで構成され、業務を合法性と合理性の観点から客観的に検証・評価し、監査結果を代表取締役社長に報告しています。
  • ※5 損益管理委員会:当社グループの中期計画、予算及び設備投資に関する審議と事業計画の損益管理を行う組織で、案件により事業部・事業所代表者を招集するなど、機動的に審議を行っています。
  • ※6 幹部連絡会:取締役と各組織の責任者が出席し、決定事項の伝達や、各組織から業務執行状況の報告を受け、適正性の検証を行っています。

意思決定・業務執行体制

当社の取締役会は当社グループの経営に関する重要事項を決議しています。定期的に開催される取締役会のほか、「常務会」「損益管理委員会」を適宜開催し、グループ全体の基本戦略や、中期計画などの経営上の重要事項の審議や結果・経過報告を行うことにより、必要な施策を適正に実行する体制としています。また、業務執行については、職務権限に関する社内規程を定め、職階に応じた責任範囲を明確にし、適切に権限移譲をすることで、迅速な意思決定ができる体制となっています。

監査体制

当社は監査役会設置会社であります。
監査役は、取締役会や社内の重要会議に出席し、必要に応じて意見を述べるほか、議事録や稟議書の重要書類の閲覧などにより、取締役の職務の執行状況を監査しています。また、会計監査人や内部監査室と連携し監査機能の充実に努めると共に、定期的に開催されるグループ会社監査役連絡会で、当社グループの業務が適法かつ適正に行われていることを確認しています。

社外取締役・社外監査役の選任

当社グループでは、2017年6月29日現在、取締役8名のうち2名、監査役4名のうち2名を社外から選任しています。経営から独立した観点からの意見を取り入れることで、意思決定の監視・監督機能を強化しています。

内部統制システム

当社グループでは、CSRとリスク管理を内部統制の中心的課題と捉え、これらの課題に重点的に対処する体制を構築しています。
管理体制をより充実させるためにCSR・リスク管理推進本部を設置しており、下部組織である各部会・委員会が必要な施策を実施しています。グループ全体で内部統制システムの充実と合理性向上に取り組んでいます。