ハイテク&カラー 大日精化工業株式会社

文字サイズ

コア技術と製品・開発事例のご紹介

大日精化工業の技術

蓄積したさまざまな技術、なかでもコア技術と位置づけた3技術を融合して創造と社会課題の解決をご提案します。

大日精化工業の技術の概念図
大日精化工業の技術の概念図

3つのコア技術

有機無機合成・顔料処理技術

顔料合成は化学結合の発色理論を中心に、物理化学や界面化学の知識を総合的に駆使する技術分野です。
着色という観点から必要となる、高い「分散性」や「発色性」を実現する技術だけでなく、顔料表面を化学処理して、特殊機能を付与する技術を有しています。この技術が活かされている製品の一例として、液晶パネルのカラーフィルター用顔料が挙げられます。

分散・加工技術

水や油に溶けない顔料を対象素材に安定分散させるには、多くのノウハウが必要です。当社は液体、固体などあらゆる素材に対応する幅広い分散・加工技術を持っています。
この分散・加工技術を、着色だけでなく、導電、難燃、強度などの機能付加に応用することで、機能性付与材料の製造・開発に活用しています。

樹脂合成技術

有機化学物質や天然物からプラスチックやゴムを合成する技術です。ウレタン、ポリアミドイミド、アクリル、天然物由来高分子などの製品について、目標特性に合わせた自由な素材設計を可能にします。当社はこの技術を活用して、他社にないユニークな製品の開発・製造を行っています。

研究開発体制図

研究開発体制図

4つの重点ターゲットと製品事例

4つの重点ターゲットと製品事例