ハイテク&カラー 大日精化工業株式会社

文字サイズ

コア技術と製品・開発事例のご紹介

大日精化工業の技術

蓄積したさまざまな技術、なかでもコア技術と位置づけた3技術を融合して製品開発を行う「ファンクション・テクノロジー」により、新しい価値をご提案します。

大日精化工業の技術の概念図
大日精化工業の技術の概念図

3つのコア技術

有機無機合成・顔料処理技術

顔料合成は化学結合の発色理論を中心に、物理化学や界面化学の知識を総合的に駆使する技術分野です。
着色という観点から必要となる、高い「分散性」や「発色性」を実現する技術だけでなく、顔料表面を化学処理して、特殊機能を付与する技術を有しています。この技術が活かされている製品の一例として、液晶パネルのカラーフィルター用顔料が挙げられます。

分散・加工技術

水や油に溶けない顔料を対象素材に安定分散させるには、多くのノウハウが必要です。当社は液体、固体などあらゆる素材に対応する幅広い分散・加工技術を持っています。
この分散・加工技術を、着色だけでなく、導電、難燃、強度などの機能付加に応用することで、機能性付与材料の製造・開発に活用しています。

樹脂合成技術

有機化学物質や天然物からプラスチックやゴムを合成する技術です。ウレタン、ポリアミドイミド、アクリル、天然物由来高分子などの製品について、目標特性に合わせた自由な素材設計を可能にします。当社はこの技術を活用して、他社にないユニークな製品の開発・製造を行っています。

ファンクション・テクノロジー

上記のコア技術を組み合わせ、素材が持つ特性や機能を活かした製品開発を行っています。この技術を「ファンクション・テクノロジー」と名付け、製品開発のスピードアップや市場ニーズ・お客様ニーズへの迅速かつきめ細かな対応に役立てています。

研究開発体制図

研究開発体制図

4つの重点ターゲットと製品事例

重点ターゲット 製品・開発事例
(1)環境
VOC低減可能な材料やバイオマス由来材料の開発に注力します。
二酸化炭素を原料とするウレタン樹脂 自社開発品「HPU」のインキやコーティング剤への応用
水性インキ・接着剤 溶剤を排除した環境負荷の小さいフィルム向けフレキソ印刷用水性インキ「ハイドリックFC」や水性・無溶剤型接着剤「ノンソルボンド」の改良・開発
加飾成型フィルム材料 塗装の場合と比べて環境負荷を低減できる塗装代替フィルム材料の開発
バイオマス由来材料 米ぬかや植物油、種子などの生物由来の資源を利用した成分を材料にしたグラビアインキ及びウレタン樹脂の開発
(2)エネルギー
省エネルギーや畜エネルギーに寄与する材料の開発に注力します。
CNT(カーボンナノチューブ)分散体 CNTを樹脂に分散したマスターバッチやインキ、コーティング剤の開発
無機放熱材料 自社開発品「ダイピロキサイド7300」の用途開発
遮熱顔料 近赤外線を反射・吸収する有機・無機顔料の用途開発
リチウムイオン電池・太陽電池用部材 より高度な要求物性に応える機能性材料の開発
(3)パーソナルケア
生活に彩りと快適さを与える化粧品や医療機器用材料の開発を進めます。
微粒子ポリマー アクリル樹脂「ラブコロール」やウレタン樹脂「ダイミックビーズ」の化粧品材料への用途開発
天然物由来の高分子材料 コラーゲンやキトサンなどの抽出素材の衣料・化粧品材料への応用
ヒアルロン酸フィルムの化粧品材料の用途開発
(4)IT・エレクトロニクス
情報社会の発展に寄与する情報表示・記録用材料の開発に注力します。
情報表示・記録用材料 液晶パネルやプリンタなどの要求に合わせた顔料と、顔料を分散・安定化させる素材などの開発
ディスプレイ用材料 タブレットなどのディスプレイ向けに、表面コーティング材料、中間層フィルム材料などの開発